仕組みについて

商談

債務整理とはカードローンなどで借金が増えてしまい、もう返済する目途が立たなくなってしまった時に利用できる制度です。名古屋で借金に追われている人の多くは、催促の電話や手紙などにおびえている人が多いのではないでしょうか。債務整理をすればそれらの催促がなくなるというメリットがあります。債務整理は大きく分けて、任意整理や民事再生、自己破産の3つに分けることができます。これらの方法は、債務者の借金や資産の内容、収入などによって最適なものは異なるので、弁護士などの専門家にどれを選んだらいいのか相談するのがいいでしょう。さらに債務整理の時に過払い金請求を行うこともできます。過払い金請求を行えば、払い過ぎていた分のお金が戻ってくるので、借金の額を減らすることが可能です。

任意整理の特徴

名古屋で債務整理をする際の種類の一つに任意整理があります。任意整理とは裁判所を通さないで直接相手と交渉して、利息の支払いを止めてもらったり、返済額を減額してもらったり、月々返済する金額を見直してもらったりする方法です。相手との交渉は自分で行うのではなく、弁護士や司法書士が交渉を行うのが一般的です。基本的に元本分を3年以内に返済できるような交渉を行います。したがって任意整理に向いている人とは、安定した収入を持っている人です。任意整理は他にも整理する債権者を選ぶことができるという特徴があります。複数の債権者から借金がある場合、金利の高いところだけを整理することも可能なのです。任意整理は他の債務整理に比べて減額できる金額が小さいですが、裁判所を通さないので第三者に知られにくいというメリットがあります。

民事再生と自己破産の特徴

名古屋で行うことができる債務整理には、他にも民事再生や自己破産があります。民事再生とは任意整理や簡易裁判所で手続きを行う特定調停では解決できない場合に検討する債務整理で、任意整理や特定調停はできないけど自己破産はしたくない方に最適な方法です。民事再生では債務額に応じた返済額が定められており、原則として返済額の1/5程度に減額することができます。減額した債務は3年から5年にかけて返済することを再生計画案に記さねばなりません。それを行うことによって裁判所で認められ、減額されることになります。自己破産は任意整理や民事再生などによって解決できない場合の最終手段の債務整理であるといえます。自己破産の手続きを行って裁判所に認められれば借金がなくなるので、返済する必要はもうありません。しかし自宅などの資産があった場合、自己破産を行うとすべて没収されてしまいます。

広告募集中